肌を保湿する際の注意点について

肌を保湿する際の注意点について

適切な洗顔料と洗顔方法で顔を洗うことが、肌の保湿力アップには忘れてはいけません。起床時の洗顔は、軽くパシャパシャと洗うことで、肌にいい刺激を与えることができます。反対に夜は、静かに顔全体を両手で優しく包み込むように軽くおさえ、ゆっくりと深呼吸をすると気持ちもリラックスでき、ハンドマスクによってしっとりとした保湿効果が得られます。

 

顔を洗った後は、できるだけ早く肌の保湿をしましょう。すぐに実践できる、顔だけでなく体を保湿する入浴方法もあります。注意すべき点は、熱いお湯に長時間入るのは避けることです。全身を洗う際には、石鹸の使いすぎや固いボディブラシなどでのこすりすぎは厳禁です。お肌を守る角質層を剥いでしまったり、肌を傷めてしまう可能性があります。

 

石鹸を軽く泡立てた手やガーゼで、優しく洗ってあげることが大切です。保湿成分の入った入浴剤もおすすめです。入浴後は皮膚がたっぷり水分を吸収しています。お肌が水分を得てふやけている間に、カサついて気になる部分に保湿剤でケアすると効果的です。

 

お肌の保湿のために日常生活で注意すべき点は、毎日のスキンケアを心がけることです。化学繊維の服は静電気の原因となります。静電気が発生すると肌が乾燥している部分はかゆくなってしまうことがあるので、冬などは木綿やウールがいいでしょう。

 

適度な運動をすることで汗をかくと肌への乾燥対策にもなり、代謝の促進効果もあります。空気の乾燥しやすい季節は加湿器などを活用して調整をしましょう。スキンケアで外側から肌の保湿をするだけでなく、運動や食べ物の見直しからも保湿力を高めましょう。