ワキ脱毛の方法

ワキ脱毛の方法


ワキのムダ毛をエステなどで脱毛処理をしてもらう場合、施術方法は複数あります。

 

針脱毛もその1つです。
針脱毛は毛根部分に針を当てて一本ずつ処理していくもので、一本に15分程度があり、かなりの痛みを伴います。

 

針脱毛の場合、ワキという狭いエリアの脱毛でも時間がかかり、その間痛みに耐え続けなけれはなりません。

 

1度の施術では終わりませんので、針脱毛は30回くらいは受けることになります。

 

また、肌が弱い人はトラブルが起きる可能性があります。

 

ワキの脱毛方法の中でも、針脱毛は完了までに強い意思力が必要といえるかもしれません。

 

その点、レーザー光での脱毛は現時点では人気があります。

 

医療レーザー脱毛でワキ脱毛をする場合、レーザー照射時に強い痛みがあり、1回の照射で処理できるのは3〜4本程度です。
30分程度の施術時間をかけて、少しずつレーザー光を照射していきます。

 

医療レーザーで脱毛する場合は肌の負担は皆無とはいかず、火傷のような痕跡や赤く腫れてしまうことがあります。

 

レーザー脱毛と針脱毛を比較すると、前者の方が受けやすいようです。

 

最近開発されたワキの脱毛方法に、アールズ方式と呼ばれるものがあります。

 

この方法ならば、痛みは針脱毛や医療レーザー脱毛ほどはなく、施術時間も短めで、80本〜150本ほどの領域のムダ毛を一気に処理できるという長所があります。広いエリアを1回の施術でカバーできてしまうところも嬉しい点で、肌が弱い人や痛みに強くない人でも安心して受けられますので、ワキの脱毛方法の中でもおすすめのやり方です。